企業によるスキルアップのための人材育成

優秀な社員を育てるには?新入社員を一人前にするには?人材育成のコツを紹介します。

企業が最も重要視すべき課題とは

このコラムをシェアする

社員が持つ存在価値とは

よく、「社員のために企業が存在する」という言葉を聞きます。これは、とりあえず会社に籍を置いていればいいという意味合いではなく、社員が働きやすい環境であること、社員一人一人が企業へ貢献できる立場にあるかどうかが大切になってきます。企業と社員との相乗効果で、双方が高め合えることが理想的な形へと成り立つのではないでしょうか。
ですが、やはり理想論ばかり並べていても現実は動きません。社員の存在なしには会社が成り立たないことは分かっていながらも、規模が大きい企業ほど社員一人一人に目を向けられる余裕がないものです。そのため、すぐに辞めていく社員が多かったり、大した貢献もなく居心地の良さだけで長く居座る社員がいたりというのが実際の現実ではないでしょうか。

社員の個性に合わせた育成方法

会社を良くしたいのであれば、まずは何から始めればいいのでしょうか。やはり社員の育成に力を入れる必要があります。社員は会社にとって大きな財産です。ですが、その価値を作りだしてあげるのは会社の務めなのです。
そのためには企業側は大幅な時間とコストを割く必要があります。社員はみな同じではありません。それぞれの個性を持ちながら能力や理解力には差があります。同じ研修を一日受けて、それだけで次の日から現場で活躍できる人と、全く理解できずに戸惑う人は必ず出てきます。その一人一人の能力を最大限まで引き出してあげる必要があります。個人個人に見合った育成をすることは容易いことではありません。どのような育成方法が求められているのでしょうか。