企業によるスキルアップのための人材育成

優秀な社員を育てるには?新入社員を一人前にするには?人材育成のコツを紹介します。

上手に社員を育てるために企業がすべきこと

このコラムをシェアする

それぞれに適した人材育成とは?

人には個性があります。働く上で、その個性が重要視されることもあれば、足かせとなって邪魔になることも時にはあるでしょう。長所や短所、欠点も個性のうちです。企業とは、そんな個性の集まりなのです。ですが、自分の欠点も含めて伸び伸びとできる場所が会社ではないのです。社員になったからにはお給料というものをいただきます。お給料は我慢していただくもの、という考え方もあるくらいですから、決して楽をしてもらえるものではないのです。
無理に個性を抑えつけることが人材育成ではありません。人には必ず長所があります。まずは企業としての理念をきちんと社員に理解してもらうことが、適切な人材育成の第一歩ではないでしょうか。どのような目的があり、達成すれば会社はどう変わるのか、そのためにはどんな仕事が求められているのかを正確に伝えることが大切です。

人材育成の方法

では具体的にはどのような人材育成方法があるのでしょうか。
まず最も多いのが、実際の業務に携わった先輩方が直接指導するOJTと呼ばれる方法です。入社して配属先が決まり、どのような業務を担当するのかが決まり次第、OJT研修を実施する企業が増えています。実際に同じ業務を経験した先輩や上司から指導してもらえるので、実務に生かされることは間違いありません。指導する側は、なるべく具体的に業務の内容や必要性を説明し、分からない時や困った時にもすぐ手助けできるような環境を整えておくといいでしょう。
業務以外の一般的な研修も大切です。社会人としてのマナーやメールや文書の記載方法など、社会人としての常識を教えることは基本中の基本です。その基本ができていないと、他の企業から正確に判断してもらえなくなります。