企業によるスキルアップのための人材育成

優秀な社員を育てるには?新入社員を一人前にするには?人材育成のコツを紹介します。

どんなスキルが求められているのか?

このコラムをシェアする

社会人として求められるスキルはと何か

会社にとって必要なスキルというものはそれぞれ異なってきますが、その前に社会人としてのスキルをしっかり身に付けさせる必要があります。数え上げればきりがありませんが、代表的なものを挙げていきましょう。
まずは「正しく理解する力」です。会社には教科書があるわけではありません。様々な事態に陥った時、業務を任された時に、「何が起こっていて自分はまず何をすべきか。相手は何を求めているのか」を瞬時に理解する力が必要です。
次はライティングのスキルです。文章力は基本中の基本であり、相手に分かりやすく簡潔に伝える能力が求められています。
以上の三つが、社会人として主に必要とされるスキルではないでしょうか。
そして最後はコミュニケーション力です。どんな仕事でも人との関わりは避けられません。社会に出れば普段以上にコミュニケーション力を求められます。

長い目で社員を見守る

状況を正しく理解する力、書く力、コミュニケーション力、それらのスキルは教えてすぐに身に付くものではありません。日々の経験の中で少しずつ培っていくものです。ですが、その中で心が折れてしまったり、やる気を失くしてしまったりと、スキルを身に付ける前に挫折してしまう社員が出てくる可能性は十分にあります。特に新卒で社会人経験がない新入社員などは大変な思いをすることでしょう。そんな時にきちんとサポートする体勢を整えておくことも企業には重要なことです。入れ替わりが激しく社員がすぐ辞めてしまう企業は、社員にだけ原因があるのではなく企業側にも問題があるのです。
社員が壁にぶつかることは必ずあります。その都度相談できる環境やサポートできる環境があれば、それをバネに伸びる人材は必ずいます。人材を育成するということは、守ってあげるということでもあるのです。